ドメイン調査、やっちゃうぜ!

ドメインが持つ被リンクとは、そのドメインの質を決定する指標の一部になります。ただ被リンク数が多ければ良いわけではありません。ドメインの調査などにあたり、被リンクを調べることも多いのでどのような被リンクが良質であるか否かを知っておきましょう。

ルータ越えドメイン共通化はパスワードポリシーに注意

企業ネットワークに於いては、ドメイン認証を利用してファイルサーバーやデータベースへのアクセスを単純化することが良く行われます。これは企業の中には様々な社員が存在するため、コンピューターやネットワークに詳しくない社員でも安全に確実に企業内のリソースにアクセスが可能とするためです。しかし、同時にファイルサーバーやデータベースは企業の貴重なリソースであり、権限の無い社員や外部の人間に情報を見られたり、盗まれたりすることがあってはコンプライアンスの問題に関わるため、セキュリティについても厳重に行う必要があります。
特に大規模な企業の場合には複雑なネットワーク構成でルータをいくつも設置し、相互の通信に関して一定の制限を加えているケースも少なくありません。しかし、リソースを共有するためにドメインをルータ越えで設定しているケースも少なくありません。このような場合には、ルータの設定を複雑にしないとファイアウォールのセキュリティの隙間をついてインターネットから社内リソースにアクセスされてしまう危険も有る為注意が必要です。
また、一般的にはドメイン認証を行っている場合にはネットワーク認証を行い、一つのパスワードで複数のリソースにアクセス可能としているケースも少なくありません。この方法は非常に利便性が高い反面、パスワードを知られるとすべてのリソースがアクセスされてしまう危険も有ります。
これを回避するためには、パスワードを推測されにくい物にすることが重要です。そこで、システム側にパスワードポリシーを設定するのが非常に効果的です。パスワードの文字列に一定の条件を付けることで安易なパスワードを設定できなくする方法で、これにより推測されやすいパスワードが設定できなくなるため、高い安全性を確保できます。