ドメイン調査、やっちゃうぜ!

ドメインが持つ被リンクとは、そのドメインの質を決定する指標の一部になります。ただ被リンク数が多ければ良いわけではありません。ドメインの調査などにあたり、被リンクを調べることも多いのでどのような被リンクが良質であるか否かを知っておきましょう。

ドメイン上位表示にパンダアップデートが及ぼした影響

ドメインを上位表示するためにはseoなどに配慮する必要がありますが、ここ数年はパンダアップデートなどのようにグーグルがさまざまなアルゴリズムの改変を日々行っている影響によってコンテンツ優位になっています。サイトを作成して収益化するモデルが最近は流行っていますが、これをするためにはサイトを上位表示していく必要があります。
なるべく多くのキーワードで上位表示し、多くの人にサイトを訪問してもらうことができればより儲かります。そのためにseoでいろいろな工夫をみんながしているのですが、キーワードに頼りすぎでも上位表示は難しいです。昔はこの方法である程度上位表示できており、また逆にコンテンツがいくら良くても内容の薄いサイトに負けてしまうようなことも多々起こっていました。ネットサーフィンしていて以前は無駄なコンテンツが多かったけれど最近はネット上のコンテンツが充実しているなと感じている人も多いと思います。それも上述のようなことが影響しています。
今後もこの傾向は強まるというようにグーグルは公表しています。グーグルがサイトの表示順位を決定付けるアルゴリズムは数百種類あり、またそれは日々改変されています。そのためこのアルゴリズムの改変を追いかけるよりも、コンテンツの質が重視されるということだけを抑えておき、サイトの訪問者に価値を与えるという意識でコンテンツを作成していくことが最重要です。
これはアフィリエイトのような広告を貼って商品を売るビジネスでも当てはまることですし、ECサイト構築のように商品を売る場合にも同じことが言えます。収益化するためには見る人が興味を持つコンテンツにすることをグーグルに求められています。