ドメイン調査、やっちゃうぜ!

ドメイン調査、やっちゃうぜ!

ドメインが持つ被リンクとは、そのドメインの質を決定する指標の一部になります。ただ被リンク数が多ければ良いわけではありません。ドメインの調査などにあたり、被リンクを調べることも多いのでどのような被リンクが良質であるか否かを知っておきましょう。

悪質な被リンクはドメインに悪影響

中古ドメインの購入にあたって一番のメリットとなるのが、過去のバックリンクを引き継ぐという点です。
すでにリンクがあるため、上位表示に役立つというわけですね。
しかしリンクには効果のあるものもあれば、逆効果をもたらすものもあります。
例えばアダルト系のリンクはドメインに悪影響を与えると言われています。
この他にはリンク集からの被リンクや運営していないサイト(「Not Found」になっているサイト)からのリンクもあまり用意ものではありません。
中古ドメイン購入の際に、このようなリンクがあるサイトはいくらコンテンツを努力しても上位表示しないというケースもあるので注意が必要です。
ドメインを購入する前に「Ahrefs」や「hanasakigani」などのツールを利用して被リンクの状況を調べておく必要があります。
アンカーテキストの内容やリンク先のURLにアクセスしてどのようなリンクが送られているかなどを確認するだけでもドメイン選びの精度が上がるでしょう。
被リンクはドメインの質を決める重要な指針です。
中古ドメインのメリットを最大限享受するためにもリンク効果の高いドメインを選ぶように心がけましょう。
質の高い被リンクとは金融庁やその他公共機関が運営しているサイトからのリンク、教育関連機関からのリンク、SNSのブックマークなどはリンク効果が高いと言われています。
もちろんアンカーテキストやその他の要因も踏まえての上位表示なので、一概には言えませんが、普通のリンクよりも効果が高いです。
悪質な被リンクを避けるためにもこのようなところからリンクをもらっているドメインを選ぶのが得策と言えそうですね。
中古ドメインを上手に活用してサイトの運営に生かしてください。

ドメイン調査ツールを使って被リンクを調べる

中古ドメインは以前利用していた人がいるドメインなので、そのドメインには沢山のリンクが存在していることがあります。
しかしどのようなリンクがあるのかは簡単にはわからないため、予めどの程度のリンクがあるか調べることは大事です。
そういう時はドメイン調査ツールを利用するとよく、このようなものを使えば被リンクについて調べることができます。
このタイプのツールはソフトウェアとして利用できることもありますが、ネットのサイトを通じで使うことができることも多いです。
ネットのサイトを使った方法は利用する予定の中古ドメインを記入すると、そのドメインの被リンクについて調べてくれます。
そのため簡単に利用をする事ができますから、こういう方法を使って調べることは効率がいいです。
中古ドメインを利用する時にこのような形で調べると、どういう所にリンクされているのかがよくわかります。
そのようなデータはドメインの人気を調べるときにも利用できますが、問題のあるサイトとの関係について調べることも可能です。
ネットには怪しいサイトとリンクされているドメインも少なくないので、そういうドメインを知らずに購入するとトラブルのもとになります。
ですからこのようなツールを利用して、どういうリンクがあるのか細かく調べておくことは重要です。
こういう形で中古ドメインを調べておけば購入前に、どのような形で使われていたのかが分かりやすくなります。
中古ドメインは以前の利用者と似た形で使うと価値が落ちづらいものですから、被リンクに対する調査は重要な意味を持ちます。
また被リンクを調べる時は専門の業者に調べてもらう方法もあり、そういうやり方はお金はかかりますがより細かい情報を得ることができます。

ドメインの被リンクやドメインオーソリティーを調べる

中古ドメインを購入する際には、そのドメインの被リンクやドメインオーソリティーをチェックする必要があります。
なぜならば、被リンクやドメインオーソリティーの引継ぎを期待して中古ドメインを購入する場合、これらが良好であれば、最初から有利な条件でウェブサイトを運営していくことができますが、これらについて何らかの問題があったウェブサイトの中古ドメインを利用した場合は、それによるペナルティも受け継がれてしまうためです。
この問題については、ウェブサイト上の様々なツールを利用し、事前にドメインの状況を調査することで解決されます。
その中でも、特に確認しておきたいのは、ドメインのIPアドレスがブラックリストに登録されているかどうか、検索エンジンからペナルティを受けているかどうかなどです。
また、前のウェブサイトの運営状況、ページランク、被リンクの質や数なども、中古ドメインを効果的に使いこなすためには、欠かせない様子と言えるでしょう。
ただし、ほとんどの場合、これらのツールは1つのウェブサイトで1つしかない場合が多く、上記のような様々な要素を調べたい場合は、その分だけ、数多くのウェブサイトを利用しなければならないと言う問題があります。
これについては、ブックマーク登録などを利用して、手間を省くことが推奨されます。
また、検索エンジンによっては、中古ドメインを再利用した時点で被リンクやドメインオーソリティーなどがリセットされてしまい、中古ドメインのメリットを活用することができなくなってしまう場合もあります。
さらに、中古ドメインを扱っている業者そのものの信頼性も問題になってくるため、これらの問題についても事前に良く調査しておいた方が良いでしょう。